ライノセラスとグラスホッパーを独学習得できる建築本と次のステップ【おすすめと口コミ】

Rhino Grasshopper

建築業界でデジタルデザインツールと言えばまず名前が出るのが【Rhinoceros(ライノセラス)】です。このライノがここまで世界中の建築設計者に使われるようになったのは、プラグインであるGrasshopper(グラスホッパー)のおかげです。

建築業界にいて、ライノとグラスホッパーをまだ聞いたことがないという方はやや遅れています…

ライノセラスとグラスホッパーは独学で学べます

何から手を付けてよいか分からないという方のための記事です。基本的な内容から中級者向けの内容までをカバーする、下記の書籍を紹介します。

この3冊持っておけば基礎は学べるのではないでしょうか。その後のステップも紹介します。

スポンサーリンク

ライノセラスとグラスホッパーの独学本の紹介

私は実務でガシガシとライノセラスとグラスホッパーを使って作業しています。

この記事では、『設計で必要なライノとグラスホッパーのスキル』を習得できる書籍を紹介します。

Rhinocerosで学ぶ建築モデリング入門

ライノセラスを使って建築モデルを作成する本です。

世界的に有名な組織設計事務所である日建設計と、ライノセラスの販売や講習会を開いているアプリクラフト社まとめているところもポイントですね。ライノセラスで建築物を作る際に、どのような機能を使うか体系的に学ぶことができます。

  • 建築モデリングに必要な機能を体系的に学習できる
  • ライノセラスを使ってパース作成が出来るようになる
  • 超大手事務所と講習会を開く会社がまとめているため信頼度高め
  • グラスホッパーではなくライノセラスの本です

Rhinoceros+Grasshopper 建築デザイン実践ハンドブック

ライノセラスはグラスホッパーとセットで使うことで、デジタルデザインツールとしてよりパワフルになります。ライノセラスを扱える方はこの本からでもよいです。

ちなみにグラスホッパーはデフォルトでライノセラスに搭載されているので、ライノセラスの画面上で「grasshopper」とタイプして実行してみて下さい。

この本では、グラスホッパーのコンポーネントの使い方を理解できます。建築の実務に必要な内容に絞ってあるので、その後の設計で使うステップに移行しやすいと思います。

  • 緑の表紙がRhino6.0対応
  • グラスホッパーの導入書として最適
  • 建築に内容を絞っているのでその後のステップに移行しやすい

Parametric Design with Grasshopper 増補改訂版 建築/プロダクトのための、Grasshopperクックブック

ライノセラスとグラスホッパーの基本的な使い方を理解した後で、おすすめなのがこの本です。

グラスホッパーを使用して複雑な形状を作る際の参考と練習にもってこいです。あの幾何学的な形状はどうやって作るんだっけというときに、辞書的な使い方もできるクックブックです。

著者のお二人は、デジタルデザインのプロフェッショナルで、様々な情報を発信し続ける先駆者です。とても参考になる書籍の一つです。

  • 基本を理解した後でやってくる「何したらいいのかな」を吹っ飛ばすクックブック
  • 複雑な形状を作成するヒントがぎっしり詰まっている
  • すぐに設計に応用できる

独学本を読んだ後のステップアップ

本を読んだ後に取り組むべき内容は以下の通りです。

  • ライノとグラスホッパーを使って設計してみる
  • フォーラムに投稿してみる
  • コンポーネントを開発する

ライノセラスとグラスホッパーを使って設計してみる

まずは実務で使ってみましょう。学生の方は、先生が許せば設計課題に使ってみましょう。

ライノセラスとグラスホッパーはあくまでもデジタルデザインを行うためのツールです。ツールの技術は実際に使って、試行錯誤を繰り返すことで伸びていきます。

オススメは、これまでアナログにやっていた作業をライノとグラスホッパーでの作業に置き換えてみましょう。例えば、庇の見え方の検討や、線材で解析モデルを作成してみましょう。

スタディの量が増えてかかる時間が減るはずです。ツールを使ってその威力を体感してみましょう!

フォーラムに投稿してみる

試行錯誤を続けているとよく分からないことがたくさん出てきます。

パンナ
パンナ

この形状ってどうやって作るのがいいんだろう?

設計に取り入れ続けると、新しいことができるようになります。その結果、調べても分からないことが出てくると思います。

そんな時は世界中のライノセラス+グラスホッパーユーザーが集まるフォーラムを見てみましょう。質問したり、コンポーネントの情報を仕入れるのにもってこいです。

Grasshopperのコンポーネントを開発する

フォーラムで情報を集めても解決しないことが出てきます。これはしょうがないです。ここまでくると、あなたはライノとグラスホッパーの中級以上のユーザーと言えます。

この後は、『コンポーネントを開発する』というステップが待っています。プログラミングのスキルがない方はC#を学ぶとよいでしょう。コンポーネントがない…と頭を抱えているあなたに一言。

『無いものは作ればいい!!』

それが出来てしまうのがライノとグラスホッパーの素敵なところです。オリジナルの機能を作る作業は非常に刺激的な体験です。

独学本を読んだ後のステップまとめ

書籍の限界は突然やってきます。ある程度できるようになったら次の4工程をどんどん繰り返して新しい建築を目指しましょう。

  1. 試行錯誤を繰り返して物を作る
  2. 分からない所が出てくる & 新しい情報がほしくなる
  3. フォーラムに投稿して情報を集める
  4. それでも情報がなければ自分で作る

まだライノセラスとグラスホッパーに手を出していない方は、このページをきっかけにデジタルデザインを始めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました