初心者のためのチュートリアルB01|Revitモデルのパラメータを表示する

Dynamo入門

「デジケン」管理人のpannaです。 A編はDynamoを使って構造モデルを作成するチュートリアルでしたが、今回から始まるB編ではデータの操作方法について共有します。

スポンサーリンク

Revitモデルのパラメータを表示する

Revitに蓄えられているデータを操作できるようになるには、まずどのようなデータがRevitモデルに存在するか確認できるようになる必要があります。今回はRevitモデルが持つパラメータを表示する方法を見ていきましょう。

パラメータを表示するには「Element.Parameters」を使用します。まずRevit上で梁を作成してください。カテゴリは「Structural Framing」です。 梁を作成した後でDynamoに戻り、次の画像のように ノードをつないでください。

「Categories」ノードで「Structural Framing」を選択し、「All Elements of Category」につなぎます。これは、そのままの意味ですが、「Structural Framing」カテゴリのすべての部材を取り出すことができます。違うカテゴリにすることで別のカテゴリのすべての要素を持ってくることができます。

そして、「Element.Parameters」につなぐことでその要素が持つパラメータを表示することができます。今回は、「Structural Framing」カテゴリ内にあるすべての要素(インスタンス)のパラメータを取得しています。

まとめ

  • パラメータを取得するにはElement.Parameters

次ページ: 初心者のためのチュートリアルB02|RevitモデルのパラメータをExcelファイルへ出力する

コメント

タイトルとURLをコピーしました