【Revit Dynamo入門】ノードを検索する|初心者のためのチュートリアルA00

Dynamo入門

「デジケン」管理人のpannaです。 初心者のためのチュートリアルA00としてノードを検索する方法を紹介します。

【Revit Dynamo入門】初心者のためのチュートリアル目次

スポンサーリンク

ノードを検索する

まずDynanmoを使用するにあたって、ノードの検索方法を知るという事は必要な一歩だと思います。

ノードとは

Dynamoはビジュアルプログラミングの一種と言われています。ノードをつなぎ合わせて視覚的にプログラムを作成します。ノードとは下の画像の箱の事を指します。Grasshopperをお使いの方はコンポーネントをイメージするとわかりやすいと思います。

白抜きの文字で書かれているのがノードの名前で、持っている機能が名前になっているものが多いです。

このノード「Point.ByCorrdinates」はXYZ座標の値を入力することで、その座標に点を作成します。 箱にx,y,zと書かれていますが、そこにXYZの各座標をつなぎ合わせることで入力値とします。

ノードの見つけ方

次のステップとしてこの「Point.ByCoordinates」ノードを見つけてみましょう。ご自身のPC画面にDynamoを起動して 新規作成をクリックしましょう。

するとワークスペースが開かれますが、ノードの検索方法は下記2種類あります。それぞれを分かりやすく画像に示します。

  • 画面左上の「Search」にノード名を入力する
  • ワークスペース内で右クリックを押すと出てくる「Search」にノード名を入力する

様々なノードが出てくると思いますので間違えないように「Point.ByCoordinates」を選択しましょう。

まとめ

  • ノードとは機能がまとめられた箱というイメージ
  • Dynamoはノードをつなぎ合わせてプログラムを行うビジュアルプログラミングの一種
  • ノードを検索するには「Search」にノード名を入力する

次ページ: 初心者のためのチュートリアルA01|点を作成する

【Revit Dynamo入門】初心者のためのチュートリアル目次

コメント

タイトルとURLをコピーしました