【Revit Structure】構造エンジニアのためのRevit初心者講座04:柱をつくる

Revit入門

 

前のページで作成した通芯の交点に柱を配置してみましょう。通り芯は「構造(Structure)タブ→通芯(Grid)」でしたね。柱はどのように作るのでしょうか。早速下の画像を見てください。

 

今回は構造図を作成しているため、柱を作ると言っても柱ならば何でもいいわけではないですね。実務経験がある方はイメージが付きやすいですが、意匠図における柱と構造図における柱では同じ柱であっても少し意味合いが変わります。

意匠図における柱では外形や位置が分かればある程度問題ないですが、構造図では鉄骨造であれば板厚などの情報が必要となります。つまり、必要な情報が異なるということです。構造図の柱を作成したいのであれば、構造タブから柱を選択し、構造図に必要な情報を持つ柱のファミリを選びましょう。

今回は、RUGの構造テンプレートなのであまり考えなくても問題ありません。しかし、ここでわざわざ建築の柱と構造の柱に関する説明を入れたのには理由があります。

Revitでは、「建築」「構造」「設備」ごとに専門分野を分けてデータを扱うことができます。構造図を作成するためには、「構造」の専門分野で部材を作成しなければなりません。なぜなら、ビューの設定でも専門分野を指定する必要があり、選択した専門分野のモデルしか表示されないのです。そもそも、構造図を作成するのですから、建築(意匠)の部材は必要ないですよね。専門分野も情報の一つですから、情報を管理することを前提とするのであれば必然的に重要になりますね。

脱線しましたが引き続き構造の柱を作成していきましょう。構造タブ→柱を選択して、次の画像を見て下さい。

 

 

上の画像ではプロパティの一番上に柱の画像とタイプの名前「Steel_Section_Box」が書かれています。もし、ご自身の画面と異なる場合はクリックして同じものを選択してください。構造タブ→柱をクリックしてこれから画面委作成される柱はここに表示されるものが作成されます。

同じものを選んだあとは、「通芯位置に(At Grid)」をクリックしましょう。(上画像内赤枠を参照)これで、選択する通芯の交点に柱を配置することができます。次の画像のように右上から左下へ通芯を選択してください。

 

 

これで、X1,X2 / Y1,Y2,Y3が選択できます。その後、画面上部の「終了(Finish)」を選択してください。これで、作成したい位置(通芯の交点)に柱が6本作成できました。

柱が作成できましたが、今見ているビューは伏図のビュー(2次元)なのでどのような柱ができているかはよく分かりません。今GLビューにある柱は、GLを基準として柱の水平位置を決めて作成しただけなので、高さ方向の情報が指定されていません。柱は柱脚と柱頭の位置を決めてあげる必要がありますね。

次は柱脚と柱頭のレベルをGL以外のレベル(1FLと2FL)に変更していきたいところですが、柱脚・柱頭レベルを設定してもビューがなければ変更を確認できません。

 

次のページでは平面ビューと断面ビューを設定してみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました