【独学】建築設計でかんたんPython入門!:サヴォア邸の情報で理解するデータ型 その2

Python建築

ノンプログラマーのための「建築で理解するPython入門」の基礎編6回目です。今回はPyCharmを使ってPythonのデータ型であるlist型を解説します。

Pythonプログラミングを身近なものに思っていただけるように、今回も建築の情報を使って解説したいと思います。

この記事では、データを管理したり扱う上で非常に便利なlist型を理解できます。今はPython基礎編ですが、基礎編の後にはGrasshopperやRevitなどでPythonを使い始めるところまで考えて作っています。

スポンサーリンク

建築情報でざっくり分かるデータ型のはなし!その2

前回はデータ型について、str型・int型・bool型を理解しました。簡単に振り返るとこんな感じでしたね。

  • str型:文字列型。住所とかなら数字があっても文字列型になる。
  • int型:整数型。計算に使える。
  • bool型:正しいか間違っているかを示すtrueとfasleの2パターン。

ここら辺を詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

建築の情報をデータ型に当てはめてPythonで書いてみる

今回もサヴォア邸の情報を使っていきましょう。次のデータでしたね。

サヴォア邸のデータについて
  • 設計者 – ル・コルビュジェ、ピエール・ジャンヌレ
  • 住所 – 82 , rue de Villiers, 78300 , Poissy
  • ヴィラ面積 440m2
  • 用途 – 専用住宅

画像とデータ:wikipedia(外部サイト)

それでは今回もPyCharmを使いましょう。前回作成したPythonファイルがあるかもしれませんが、新しく作成してみましょう。「PtArchi」フォルダにカーソルを合わせて右クリックから作成でしたね。

今回は「DataType2.py」という名前で作成しています。

建築のデータを使ってlist型のコードを書いてみよう

それでは、まずlist型の説明です。

list型は様々なデータを順番を付けてしまっておく入れ物のようなイメージのデータ型です。list型には異なるデータ型のデータを入れることができます。次のコードをDataType2.pyに入力してみましょう。

「DtaType.py」を上書き保存して、今回も、ウィンドウ左下から開くことができるコマンドプロンプトから実行してみましょう。「py DataType.py」で実行すると次の様に表示されると思います。

print関数によってnew_listという変数を表示しました。new_listにはlist型のデータが代入されているので、角かっこ[ ]で囲われたデータが表示されています。その中には、サヴォア邸の設計者の名前に関するstr型のデータが入っています。

さて、list型のデータには順番があるとお話ししましたが、list型のデータ番号(インデックス)を使ってlist型からデータを取り出してみましょう。次のコードを使います。

次の画面の様に出力されます。

list型のデータにインデックスを指定してあげると、インデックスに紐ついているデータを持ってくることができます。list型のインデックスは「0」から始まります。そのため、インデックス「0」のデータを取ってこようとすると次の様になります。

また、list型のデータにはstr型以外のデータも入れることができます。例えば次のようにコードを書いて実行してみましょう。DataType2-2.pyを作成しています。

おめでとうございます!
str型とint型を同じlist型のデータに入れることができました。

では、ためしにデータ型を確認してみましょう。データ型を確認するにはtype関数を使います。次のコードを実行してみましょう。

次の様に出力されます。

変数new_list_typeはlist型で、変数new_list_typeのインデックス3の要素はint型だと確認できましたね。

サヴォア邸の情報とデータ型の関係その2のまとめ

今回はlist型について解説を行いました。

  • list型には順番(インデックス)がある!
  • インデックスは0からはじまる!
  • list型の中には様々なデータ型のデータを入れることができる!

「【独学】建築設計でかんたんPython入門!」シリーズのほかの記事はこちらからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました