【独学】PyCharmで新規プロジェクトを作成する方法を画像付きで詳しく解説

Python建築

ノンプログラマーのための「建築で理解するPython入門」の基礎編4回目です。Pycharmで新規新規プロジェクトを作成して開発準備を完了させましょう。

スポンサーリンク

PyCharmでプロジェクトを作成しよう!

今回はPyCharmの使い方を理解しましょう。PyCharmを起動すると次の画面が出てきます。

「New Project」を選択しましょう。選択後、新しいプロジェクトの設定画面が出ます。ここでは、Pythonインタープリターの設定をおこないます。

上から見ていきましょう。プロジェクトはデフォルトではPyCharmProjectsフォルダの中に作成されます。プロジェクトの名前は自由につけられるので、あなたの好きな名前をつけましょう。

「New Environment」にチェックを付けて仮想環境を作成します。「Base Interpreter」にはインストールしたPython3.8を選びます。

「Create a main.py welcome script」のチェックは外して「Create」をクリックしましょう。

プロジェクト作成完了まで少し時間がかかる場合があります。プロジェクト作成完了したら「PyArchi」を右クリックして「New」を選び、「Python File」を選択しましょう。

Python Fileを選択すると、次のようにPythonファイルの名前を入力するウィンドウが出ます。名前を入力してPython Fileを選択しましょう。

次の画像のようにPyArchiプロジェクトの中に「PyArchi01.py」が作成され、編集画面が開かれていることが確認できました。

今回はこれで終了です。お疲れさまでした!次回からは実際にスクリプトを書いてみたいと思います。

「【独学】建築設計でかんたんPython入門!」シリーズのほかの記事はこちらからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました